ムーモ(MOOMO)は子供が使うと危険?※2つの理由をご紹介

子供でも、むだ毛が濃かったり多い子供はいますよね。しかも、その毛深いことを子供が気にしているのなら親としては何とかしてあげたいものです。でも、脱毛サロンに子供は危険で連れて行けませんよね。

 

では、ムーモ(MOOMO)は子供に使うことが出来るのでしょうか?ムーモ(MOOMO)が使えるならムーモ(MOOMO)で除毛しておけば抑毛効果もあるのでいいですよね!ここでは、ムーモ(MOOMO)については子供での使えるのか確認してみました。

 

ムーモ(MOOMO)は子供でも使用出来る?

結論から言うと、ムーモ(MOOMO)については子供に使うことは出来ません。公式サイトを確認してみても、小さな子供にも使用出来るということは一切書いてありませんので子供にムーモ(MOOMO)を使うことは避けましょう。

 

 

ムーモ(MOOMO)が子供に使えない理由

では、どうしてムーモ(MOOMO)を子供に使うことが出来ないのかというと、2つの理由があります。それは、「除毛成分で肌が荒れる心配があるから」ということと「女性ホルモンに働きかける成分が入っているから」という理由です。

 

除毛成分で肌が荒れる心配があるから

ムーモ(MOOMO)の除毛成分については、チオグリコール酸カルシウムという成分が入っています。このチオグリコール酸カルシウムという成分については、たんぱく質を溶かす働きがありますのでむだ毛も溶かしてするりと抜け落ちてくれるということです。

 

しかし、このチオグリコール酸カルシウムは皮膚も少し溶かしてしまうという難点もあるのです。そのため、まだ肌バリアの弱い子供がムーモ(MOOMO)を使用することで肌が溶けてしまい炎症を起こす可能性があります。

 

女性ホスト有紋に働きかける成分が入っているから

また、ムーモ(MOOMO)についてはイソフラボンという成分が入っています。これはムーモ(MOOMO)の抑毛成分になるのですが、このイソフラボンは女性ホルモンに似た働きをしてくれますので、まだ生理などが来ていない子供に使用することはあまりおすすめ出来ないのです。

 

以上が、ムーモ(MOOMO)が子供に使えない理由になります。やはり、肌バリアが弱い子供に使うには早すぎるということですね。出来たら中学生くらいになってから使用することをおすすめします。

 

ムーモ(MOOMO)は子供には使えない!

ムーモ(MOOMO)については、子供でも使用することが出来るのか確認してみたら、残念ながら子供には使えないことが分かりました。

 

では、どうしてムーモ(MOOMO)は子供に使えないのかというと、チオグリコール酸カルシウムという除毛成分が肌バリアの弱い子供の皮膚まで溶かしてしまう恐れがあるからです。

 

また、イソフラボンと呼ばれる抑毛成分には女性ホルモンに作用する働きもあるので小さな子供に使用することはおすすめ出来ないことが

 

>>ムーモ(MOOMO)の詳細はこちら

分かりました。子供に使う時には子供がある程度大きくなった中学生くらいから使用するといいですね!